teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


写真の趣味を続けます。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 8月28日(月)09時17分42秒
  鴨川の風景  
 

(無題)

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 8月26日(土)09時14分58秒
  京都市下京区の東本願寺(真宗大谷派本山)の御影堂門が25日、初めてライトアップされた。高さ日本一を誇る巨大な門の威容が闇夜に浮かび上がり、多くの人が見入っていた。

 御影堂門は1911(明治44)年の建造で木造重層入り母屋造り。高さが27メートルある。26日に同寺や西本願寺、JR京都駅一帯で開かれる「下京・京都駅前サマーフェスタ2017」の前夜祭の一環として、大谷派が実施した。

 夕日の明るさが残る午後6時半、LED照明が点灯すると、門が照らし出された。暗くなるにつれ夜空に門の輪郭がくっきりと浮かび上がり、取り付けられた金色の金具が輝きを見せた。

 この日は、門東側の緑地帯にある建築家武田五一設計の噴水も青や緑色の光に照らされた。通りがかった国内外の観光客らが門と噴水の「共演」をカメラに収めていた。

 

「群青」という曲を歌っている。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 8月25日(金)09時34分0秒
      朝日新聞 2017年 8月25日 金曜日

「長岡京新聞」  「群青」という曲を歌っている。

   長岡京市で毎年3月、東日本大震災の復興支援を目的にした合唱祭「ハーモニー
・フォー・ジャパン」が開かれている。同市で合唱楽譜の専門店を営む吉田健太郎さん(56)が発案者と聞き、思いを聞いた。2013年に開かれた2回目の合唱祭のビデオを見せてもらった。制服を着た40人の中学生が、「群青」という曲を歌っている。徐々に体の揺れが大きくなり、生徒たちの感情が高ぶっていくのが伝わってくる。演奏が終わると、涙をぬぐう生徒もいた。 歌っていたのは、東京電力福島第一原硯に近い福島県南相馬市の小高中の合唱部員たち。突然離ればなれになった友人を思う気持ちがこめられた歌声が響くと、会場にはすすり泣く人が相次いだという。吉田さんは「言葉では伝えきれない震災後の感情を、一瞬にして聞き手と共有できる。改めて音楽の力を感じた」と話す。

 「夢は2021年3月に被災地で」

 11年3月11日。吉田さんは8日後に福島県で予定されていた合唱大会に向け、店で楽譜を箱詰めする作業に追われていた。その日を境に、東北の合唱団体などからの連絡がプツリと途絶えたという。 4月中旬、普段はグランドピアノを運ぶトラックに、市内にあるサントリーの工場などから集めた水などを積み、1人で福島県郡山市へ。音信不通だった人と再会できたが、「東北の合唱文化が消えてしまう」と危機感が強まった。

 思いついたのが、チャリティーコンサートだ。顔見知りの小田豊・長岡京市長(当時) に直談判し、10年間、毎年3月上旬の週末に府長岡京記念文化会館を借りる約束を取 り付けた。 京都や東北などの合唱関係者をまとめて一般社団法人「「ハモニー・フォ ー・ジャパン」を設立し、翌年3月11日に合唱祭を実現。その後も毎年続け、集まっ たお金を、東北の中学校や高校に合唱指導をする指揮者を派遣する費用などに充ててき た。 吉田さんの夢は、震災から10年となる21年の3月に、東北で合唱コンサーよ開 くことだという。「歌は、人の心そのものを映し出す。東北の人たちとを一つにするコ ンサートを開きたいのです」

 私は小学校から大学まで合唱部で歌っていた。オーストラリアで暮らし始めた時、英語 で現地の人と仲良くなるのに苦労した。そんな時、友人とコミュニケーションをとるの に役立ったのが歌だった。今も交流を続けるオーストラリア人の親友と仲良くなったの も合唱部。歌が相手と自分の心をつないでくれると実感してきた私には、吉田さんの
言葉が心にしみた。  (宮田真衣)
  
 

継続は力なり。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 8月 7日(月)13時37分2秒
  7月26日 奈良市の興福寺に、NHK文化センター京都教室の写真クラブのメンバーと

撮影に行きました。
 

健康と大学時代の友人の3人で、嵯峨野を散策して、祇王寺にも行きました。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 7月 8日(土)12時57分26秒
  健康と大学時代の友人の3人で、嵯峨野を散策して、祇王寺にも行きました。

 祇王寺

祇王寺は竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵で「平家物語」にも登場し、
平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心代わりにより都をを追われるように
去り、母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺として知られております。

祇王寺は昔の往生院の境内にあり、往生院は法然上人の門弟良鎮によって創建された
と伝わっています。山上山下にわたって広い寺域をせめていた往生院も後年は荒廃し
、ささやかな尼寺として残り、後に祇王寺と呼ばれるようになりました。

祇王寺墓地の入口にある碑には「祇王祇女佛刀自の旧跡 昭和8年辛卯正当六百年忌
往生院現住尼 法専建之」とあって、この碑の右側に「性如禅尼承安二(1172)
年壬辰八月十五日寂」と刻まれているのは祇王のことと思われます。

祇王寺は明治初年に廃寺となりましたが、残された墓と仏像は旧地頭の大覚寺によって
保管されました。大覚寺門跡の楠玉諦師はこれを惜しみ、再建を計画していた時に、元京都府知事北垣国道氏が祇王の話を聞き、明治28年に嵯峨にあった別荘一棟を寄付されました。これが現在の祇王寺の建物です。これらの関係から祇王寺は真言宗大覚寺派の寺院で、旧嵯峨御所大覚寺の塔頭寺院ともなっています。 」

仏間には、本尊大日如来、清盛公、祇王、祇女、母刀自、佛御前の木像が安置されて
います。祇王、祇女の像は鎌倉末期の作で、作者は不詳ですが眼が水晶(玉眼)で鎌倉時代の特徴をよく表しています。
 

ドリームコーラスで月曜日に練習している 曲です。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 6月27日(火)15時52分27秒
      ほらね、 作詞 いとうけいし  作曲 まつしたこう

かわは かぜと かたりあっているよ
とりは はなとふれあっているよ
ひざしは きのはと じゃれあっているよ
あめは かえるとうなずき  あっているよ

ほらね きっとね ぼくらは ひとりじゃない
きっとね だれも ひとりじゃない  ひとりじゃない

それでも かなしいひがあったら なみだがとまらないひが
あったらー あったらー

ゆっくり そっとうたをうたおう  おもいでつまったあのうたを
うたはあなたのたいせつな  ともだちだから

いつもそばにいる たいせつな ともだちだから
 

本願寺の由来や歴史、親鸞聖人のご生涯につぃて

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 5月31日(水)13時56分59秒
     本願寺の由来や歴史、親鸞聖人のご生涯につぃて

本願寺は、浄土真宗本願寺派の本山です。正式には龍谷山本願寺といい、
一般には西本願寺とも呼ばれています。浄土真宗は、鎌倉時代の中頃に
親鸞聖人(1173-1263)によって開かれました。親鷽聖人は1173 (承安3)年
に京都日野の里でお生まれになり、9歳で青蓮院にて出家得度されました。

その後、比叡山で学問修行に励まれましたが、29歳の畤、師である源空(法然)
聖人のお導きによって阿弥陀如来の本願を信じ「南無阿弥陀仏」という念仏の
教えに帰依する身となられました。

35歳の畤、念仏弾圧により越後に流罪となった後、妻の恵信尼さまと共に関東に
移って念仏の教えを弘められ、晩年は京都で「教行信証」等多くの著述に力を注れ、
1263年1月16日(弘長2年11月28日)に90歳で往生されました。

親鸞聖人の滅後、娘の覚信尼さまは、聖人の遺弟たちと共に京都東山大谷に廟堂を
建て、聖人の遺骨と影像を安置しました。やがてこの廟堂が本願寺となり、宗門の礎
となりました。その後、中興の祖である第8代宗主蓮如上人(1415-1499)の時には教線
が拡人され、さらに第11代宗主顕如上人(1543-1592)の時には、本願寺の寺基が現在の
京都堀川六条に定められました。

境内には、阿弥陀あり、御影堂の両堂(国宝)をはじめ、唐門や書院、飛雲閣などの国宝や、
経蔵や手水舎などの重要文化財があり、1994 (平成6)年12月には「古都京都の文化財」と
して、「世界迫産」に登録されています。




 

今 練習している 曲です。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 5月31日(水)05時47分11秒
   ドリームコーラスで月曜日に練習している 曲です。

  虹を渡って 山崎朋子 作詞

雨が やんだ 空の果て
大きな 虹が かかってる
その向こう側に 見えるのは まぶしいくらいの太陽

僕は 傘を たたんで
空を 見上げ 歩いていく
今 心の中に 降る雨も 明日には やむだろう

涙は いつか 笑顔にかわる
笑顔はまだ 涙を呼ぶ
人はそうして 生きていくんだ 出会いと別れ くり返して

届け 僕の思いが 遠い君のもとへ
離れても 会えなくても 夢を探す旅を続ける

そんな時の彼方に 光る未来がある
輝いてる その場所にも 虹が空に かかるだろう

心の中に あふれる想い
いつか 伝える その日まで
遠く 長い道を 進むんだ きのうと 今日を 重ねながら・・

虹が 輝いている 軌跡   えがくように
あの空まで あの雲まで    飛んでいきたい

強い 想いは 必ず かなう日がくるから
その時まで 歩き続けていく 未来を信じて

未来へ続く 七色の虹を渡ろう
 

西本願寺の檀家 名声寺の40人が、バスツアーに行きました。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 5月30日(火)13時18分56秒
      西本願寺の檀家 名声寺の40人が、5月28日 日曜日に
    三重県の津市にある、専修寺と、帰りに、上野市の  芭蕉翁記念館や
    上野城や忍者館のど、バスツアーに行きました。

   親鸞聖人と専修寺

親鸞聖人は、関東各地を御教化中に、明星天子の夢のお告げを得て、54歳の時下野国
(栃木県)芳賀郡二宮の郷(真岡市)の地に一宇を建立し、専修念仏の根本道場とせ
られました。ご本尊には、長野の善光寺からお迎えした一光三尊仏を安置し、聖人門弟
の中のリーダーであった真仏上人が管理に当てられました。ここを中心とした教団は
関東各地の壇信徒の中でも最も有力な教団となり、京都へ帰られた聖人からは、しばしば
自筆のお手紙や、ご自分で書き写された書物などが送られて来ました。その後、高田教団
は次第に発展し、専修寺は「本寺」と呼ばれて全国から崇敬を集めるようになりました。

  芭蕉翁記念館

  伊賀市は 芭蕉翁生んだ土地です。翁の文芸が古く且つ広く人々に親しまれ、今や世界詩人として仰がれていることに大きな喜びをいだいています。したがって、翁?顕彰する
ことは、われわれ郷土人のつとめであると同時に誇りであると感じているのであります。
その事業の一つとして芭蕉翁記念館の建設が企てれれました。 この時、たまたまかねて翁を敬慕していられた故神部満之助(妹)問組社長)の篤志によってこの建物が市に寄附せらました。この地、各方面の有志の方々から多大の援助をいただき、昭和34年10
月開館のはこびにとなりました。館は展示室、文庫、茶室などがあり、文庫には翁の遺墨をはじめ古俳諧文献など学術研究の資料を保存し、展示しています。
 

継続は力なり。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 4月12日(水)04時02分59秒
     溝緑ひろし写真展ご案内

私はこれまで、キルギス、アメリカ、ドイツで写真による文化交流を
行ってきました。ドイツの写真クラブとは、毎年作品展を続けています。
今年5月、はじめてロシアで写裏展を開催することになりました。
会場はサンクトペテルブルグの国立文学館(プーシキンドーム)です。
ここでは日本文学が研究されていることから、展示写真は文学作品を
テーマにしたものとしました。それに先立ち、溝縁ひろしの花街「はんなり伝統美」
、源氏物語「宇治十帖」と、ゆかいな写真仲間たちの「日本文学を擺る」を展示し
たいと思います。なお、作品はロシアでの写真展終了後、プーシキンドームに寄贈し、
永久保存されることが決まりました。たくさんの方のご来場をお待ちしております。

日時:2017年4/13(木)~4/25(火)  [4/19 (水)休館]

場所   ギャラリー古都 11:00~19:00(最柊日15:00まで)
   京郁市中京区河原町蛸薬師東側塲塩屋町327
   三條サクラヤビル6階
 

レンタル掲示板
/265