teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


日吉温泉に来ました!

 投稿者:BIN  投稿日:2017年11月 6日(月)13時01分28秒
  自転車で日吉温泉まで来ました!
昼飯食べたので、これから温泉入って、帰ります!
 
 

写真を撮りに行きました。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年11月 4日(土)12時50分12秒
  姫路に行きました。お城を見に行きました。  

大谷さんは「仏教とキリスト教の対話-共通善を求めて」の題で話した。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年11月 1日(水)12時49分7秒
   2015年に開設された同大の「良心学研究センター」が主催する連続公開シンポジウム
  で23日、大谷さんは「仏教とキリスト教の対話-共通善を求めて」の題で話した。

 大谷さんは、同宗の宗祖親鸞の子孫で本願寺派第24代門主。2014年に退任し、現在は「前門」と呼ばれる。講演では、異なる宗教、宗派間の対話の意義を「誤解に基づく争いを少なくしていくということ」とし、「違いは、良い悪い、程度が高い低いという議論では収まらない。役割の違いだ」と話した。そのうえで宗教思想が大きく異なったとしても「共通の目的が持てれば、自分の宗教に基づきながらも協力できる可能性がある」と述べた。

 同センター長の小原克博さん(51)は、戦国時代の「キリシタン大名」が神社仏閣の破壊を進めたことや、フランシスコ・ザビエルら初期のカトリック宣教師が日本の仏教や宗教を「偶像崇拝の宗教」と捉えていたことを指摘し、さらに明治初期の欧米のプロテスタント宣教師もこうした仏教観を変えていなかったと説明。「新島襄が腰を抜かす」という表現は、これらの歴史を踏まえてのことだったという。

 同志社が設立されたのは、明治政府が1873(明治6)年に「キリシタン禁止」の高札を撤去したばかりのころで、当時の京都の僧侶や仏教徒は強く反対した。センター研究員の沖田行司・社会学部教授(69)は「日本を代表する仏教教団を率いた前門様が礼拝堂で話すのは、142年の同志社の歴史で画期的なこと」と興奮気味に話した。

【 2017年10月29日 23時09分 】
Tweet  ニュース写真同志社礼拝堂で話す浄土真宗本願寺派の前門主大谷光真さん
(23日、京都市上京区・同志社大)
  京都新聞デジタル版のご案内

 

 「高谷宗範方円思想の魅力、宇治・松殿山荘重文へ」

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年11月 1日(水)09時32分23秒
     2017年(平成29年)10月21日 土曜日 朝日新聞

 「高谷宗範方円思想の魅力、宇治・松殿山荘重文へ」

国の文化審議会が20日、宇治市木幡の松殿山荘の建造物12棟を重要文化財に指定する
よう、文部科学相に答申した。松毆山荘のある場所は、平安末期の関白・藤原基房の
別邸跡とされる。茶道「山荘流」の流祖・高谷宗範が1918 (大正7)年に土地を購入し、自らの設計で十数年かけて完成させた。大書院など四つの書院の棟と天五楼棟からなる本館、円形の池の上に立つ「蓮斎」、円堂と角堂で構成される「聖賢堂」などが、約12万平方メートルの広大な敷地に点在する。

「心は円満にまるく、行いは正しく四角く」という宗範の方円思想に根ざし、至る所に
円と四角を組み合わせた造形が見られる。同山荘を所有する公益財団法人松殿山荘茶道会の代表理事、平岡己津夫さんは「指定によって、なんとか未来に残していけるようになった」と喜んだ。

  一般公開は10人以上で受け付け、2週間前までに同会
 (0774 ・ 31 ・ 8043)へ申し込みが必要。(小山琢)

 

昨日、合唱に参加しました。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年10月22日(日)15時08分32秒
  2017年10月14日土曜日 京都新聞

   練習重ねた美声響かせ コーうスフェス府内13団体出演京都府内の合唱グループが集う
 「いきいきコーラスフェスティバル」が14日、京都市左京区の京都コンサートホ ールで
   開かれた
 

「高谷宗範方円思想の魅力、宇治・松殿山荘重文へ」

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年10月21日(土)16時38分33秒
     2017年(平成29年)10月21日 土曜日 朝日新聞

 「高谷宗範方円思想の魅力、宇治・松殿山荘重文へ」


国の文化審議会が20日、宇治市木幡の松殿山荘の建造物12棟を重要文化財に指定する
よう、文部科学相に答申した。松毆山荘のある場所は、平安末期の関白・藤原基房
殿基房)の別邸跡とされる。茶道「山荘流」の流祖・高谷宗範が1918 (大正7)年に土
地を購入し、自らの設計で十数年かけて完成させた。大書院など四つの書院の棟と天五楼棟からなる本館、円形の池の上に立つ「蓮斎」、円堂と角堂で構成される「聖賢堂」などが、約12万平方似の広大な敷地に点在する。

「心は円満にまるく、行いは正しく四角く」という宗範の方円思想に根ざし、至る所に
円と四角を組み合わせた造形が見られる。同山荘を所有する公益財団法人松殿山荘茶道会の代表理事、平岡己津夫さんは「指定によって、なんとか未来に残していけるようになった」と喜んだ。   一般公開は10人以上で受け付け、2週間前までに
同会(0774 ・ 31 ・ 8043)へ申し込みが必要。(小山琢)

 

継続は力なり。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年10月17日(火)09時23分13秒
  秋の写真です。  

昨日、合唱に参加しました。

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年10月15日(日)08時59分59秒
     2017年10月14日土曜日 京都新聞

   練習重ねた美声響かせ コーうスフェス府内13団体出演京都府内の合唱グループが集う
 「いきいきコーラスフェスティバル」が14日、京都市左京区の京都コンサートホ ールで
   開かれた。

 約700人が日頃の練習の成果を発揮し、美声を披露した。京都、亀岡、南丹3市の
  カルチャー教室や公民館などで活動する13団体が出演した。 出演者はピアノに合わせて、
  唱歌「埴生の宿」や「翼をください」、アイルランド民謡などを歌った。約700人の
  聴衆は目をつむって聞き入ったり、リズムに合わせて軽く首を振ったりしながら楽しん
でいた。

 同フェスティバルは合唱グループに発表と交流の場をつくろうと、コーラス関係者でつくる
  実 行委員会と京都新聞が毎年開催している。 (浅井佳穂)

──────────────────────────────────────
  私の参加している「ドリーム混声コーラス」は、5番目に、」みんな一生懸命に練習    して 「京都コンサートホール」で合唱しました。
 

第19回 「いきいきコーラスフェスティバル」

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 9月27日(水)04時30分17秒
    第19回 「いきいきコーラスフェスティバル」

  2017年 10月14日 土曜日 13時30分 開演

     ごあいさつ        京都新聞

「いきいきコーラスフェスティバル」は、京都新聞創刊120年を記念し、
1999 (平成11)年から、京都府内でコーラスを楽しんでいる皆さまの発表の場や
交流の機会を提供させていただくことを目的に開催してまいりました。今年も、
京都の音楽の殿堂、京都コンサートホールで本フェスティバルを開催できますこ
とは、主催者としてこの上ない喜びです。

19回目となる本年も13団体、約700人の方々にご参加いただきます。コンサート
ホールの舞台で、出演者の皆さまが心ひとつに歌う喜びを胸に、すばらしい
 ハ-モニーを奏でられることを願っています。

 本フェスティバルへの出演が皆さまにとって大きな励みとなり、レベルアップと
 親睦を深める機会になれば幸いです。 結びに、本日お集まの皆さまのますますの
 ご健勝を祈念し、あいさつといたします。

 「いきいきコーラスフェスティバル」実行委員会
  委員長:光野文代氏
  委 員:田丸千昌
      綱島ゆうこ氏()
      白石真古人氏  (京都新聞COM事業局長)
            仙石一志      (京都新聞COM事業局次長)

 〔第1部〕

 (1)  1. NHK文化センター「抒情歌をうたう」
      2  Mamma
 (2) 山科シルバーコーラス・ローズ
     1 一人の手
     2 ぽくらのエコー
     3 群青
  (3) 京都新聞文化センター「なつかしの童謡・唱歌」
      l 才女・アニーローリー
      2 歌はともだち
 (4)  ラ・コラール・デュ・ボア・ジョリ
      l 埴生の宿
       2    Birthday
   (5) .ドリーム混声コーラス
         1  虹を渡って
         2  ほらね、
   (6)  京都新聞文化センター「日本の歌・世界の歌」
         1 ロンドンデリー・エア
         2 気球にのってどこまでも
   (7)   コール・アスニー
        1 いざたて戦人よ
        2 「混声合唱のためのホームソングメドレ-より
          アニーローリー
        3   マイ・ウェイ

 〔第2部〕

    (8) 南丹ゴールデンエイジ混声合唱団「まゆみ」
         1 ふるさとは今もかわらず
         2 行こうふたたび
    (9)  亀岡市中央老人福祉センターコーラスサークル「あさぎり」
          1 雪原に生きる
          2 モルダウ
    (10)   .ドリーム女声コーラスwithドリーム男声
           1 琵琶湖周航の歌
           2 花の季節
           3 いのちの歌
    (11)    すこやかクラブ中京コーラス悠
           1 真夜中のギター
           2 翼をください
   (12)   女声合唱団「宙(そら)」
            1   YELL
            2 「唱歌の四季」より 夕焼小焼
    (13)    .コーラスサークル「フミ」
           ホームソングメドレー(ドイツ・オーストリア編)より
          l ローレライ
          2 野ぱら
          3 ウィーンわが夢のまち
 

フォト・アンパン展

 投稿者:健康です。  投稿日:2017年 9月27日(水)03時44分42秒
     フォト・アンパン展

 NHK京都文化センター写真講座の会員を中心にスタートした
 「フォト・アンパン展」も、早いもので7回目を迎えます。写真を撮り、
 発表し合うことで自らを磨く場所として、この作品展が定着してきた
 のではないかと喜んでおります。参加者の枠も広がりました。今後も
 大きな輪になっていくように、新しい方の参加、ご意見をお待ちしています。

 企画溝縁ひろしJPS会員

 2017年 10月5日(木)~10月10日(火)11:00~19:00(最終日15:00)
 古都ギャラリー(075-257-2666)

 主催:フォト・アンパン展事務局(溝緑ひろし写真教室と仲間たち)
 後援:NHK文化セン冫―京都教室
 出品者 二水会、歩人21、NHK教室のOB、ドイツとの・
     「国際交流合同写真展」や舞妓機影会やロシア屡の
     参加者、フォト縁遊 他C約50名)
     世話人石上敏幸.栗野裕行ほか
連絡先:溝禄ひろしTEL 0774-24・8850 まで

 ロシア展の報告 最終日<10・10、lO(火)>の13:00-3:30、古都の会場で
 ロシア・サンクトペテルブルグにて、5月に開催した写真展の内容報告会を行います。
  気軽にどうぞ‥・
 

レンタル掲示板
/266